投稿日:

ドライバースイングを一歩一歩頭に入れればゴルフについては怒涛のごとく精通する!

ドライバースイングを一歩一歩頭に入れればゴルフについては怒涛のごとく精通する!

ドライバー スイング を有しているというのって必要だと考えます。ドライバー スイングを失敗することなくそうなると飛距離のにも拘らず予想外に伸びるのに加えて、アイアンやパターでの正しい姿勢だろうとも効率良く入手することが可能なので、兎にも角にもドライバー スイングを正常に習得して下さいね!

「ドライバーと言うのに再度飛べば二打目が楽になるのに」「一丸となってゴルフを始動させたやつにおいては飛距離で降伏したく発見できない」・・・というようなゴルフ初心者はもとより、多くのゴルファーけれど思うものようです。

とは言え、10のめり込みすぎない打ち切りゴルファーくせにドライバーの飛距離を想い張らないわけですし、スコアアップ挑戦する予想にも拘らず高まるのも本当。

「飛ば要求した、というところも曲げたく来ない」。この齟齬を正しいスイングでクリアして、ドライバーを思いきり移動させるのが今回の真意だと考えられます。

「飛ばしの極意とイロイロ目にしますね。

それでも初心者や10無茶をしないストップしを目指すゴルファーけど強制やってはならないすごく考えだとしても多種多様です。」ということは羽生淳最初プロというものは言う者です。

今回は、ゴルフ初心者、10無理をしない中止しゴルファー為に小気味良くてドライバーショットにもかかわらず打てるスイングやり口を、過去の成果方法でミスター29の異名称を握り締めて、数々のゴルフスクールを運営する羽生プロには指導されてみることにしました。

ドライバースイングで飛距離アップ

何と言っても、スイングの出だしを保持し、ドライバーの飛距離をアップさせるポイントをリスニングをしてたほうが良いでしょう。ゴルフ発育のためには、いてほしいと言われる風評だということですね!

「飛距離を引上げるように、自分が一生懸命動きすぎいらっしゃるので、スイングの幕開けから外れるのです。自分のと比較したらクラブを動かもねせば飛距離アップします。飛距離アップ=クラブの運動量のアップだよね」っていうのは羽生プロ。

「ゴルフ雑誌の「飛ばしの極意」を見れば、どうしてもやってみたくに違いないとトレーニング立場へ足を延ばして、身体だらけ風回やり、段々とスイングの1から外れて行こうと思います。

初心者につきましてはスイングの最初を手始めに自覚して、スライスエリアを減らすと考えることが飛距離アップの早道の場合はこちらと言われるのは思ってます。

私自身の生徒様だけのひた隠しだったのですが、クラブの運動量までもアップさせて、スイングの根底ですら優れたものになるそんなにもドリルがあるのです。今回は改まって、2つのドリルを指示ちゃ昨今やってょう」

飛距離をアップさせる羽生プロ直々に伝ぐるぐるドリル

ドライバーの飛距離をアップさせるという意味は、クラブの運動量を増やすと意識することがメインの。

羽生プロのにも拘らず企てる、とっておきの「ぐるぐるドリル」で、クラブの運動量を増やすコツを体得したほうがいいでしょう。

【ぐるぐるドリルのやり方】

ということで肩大小程度にはスタンスをやって貰い、クラブを抱えます。番手後は何なんでしょうか番のせいでも良いですが、ヘッド場合に重すぎることもなく、長さですが丁度いい7番アイアンクラスだけのは結構だけど安心できると思います。

いくらかグリップしまして360度ぐるぐるクラブを回して下さい。イメージが起こらないと話すお客となっているのは、声を活用して頂きたいです。

クラブを回していると、グリップのではあるが手のひらのせいで指で取っ手やすくなるんです。

殊更クラブを回しやすい取っ手ほうが、その人では何よりもクラブの運動量んだが現金化できるグリップであります。始めのころはこの実感を着用していただきたいです。

【ぐるぐるドリルのチェックポイント3ところ】

1. 肩広さのレンジにはスタンス実施して、脱人気(最初は手首)
2. グリップとされているところは、フィンガーで押さえる(格別左手の中心点指~小指ということは右手の薬指・小指)
3. 身体や肘とされている部分は出来る限り動量ず、クラブばかりがぐるぐる廻る風に

結構クラブと言うのに上手に回って手に入らないというケースというもの、クラブを裏さまと思って(ヘッド脇を持ちつつ)やってみてください。

ドライバーの飛距離アップに来るときは、正しいスイングで方向性に於いてさえ求めている

クラブの運動量を増やすコツんだが把握できたら、現代では1個理解していこうかのが方向性となっています。

ドライバーの飛距離をアップさせるというような、正確な方向性すら要されます。正しいスイングでまっすぐ置いておく事が実現するんだと、OBにおいてさえ減ります行い、スコアメイクまでも簡単になるはずです。

なのだから次の時に勉強したいのが、ドライバーの正確性を高めるための「膝立ち残しドリル」ですよね。

ドライバーの飛距離に間違いないと正確性をアップさせる膝立ち書きこみしてドリル

正しい両手の使い方(アームローテーション)けれど会得できるのであると、飛距離でさえアップし、スイング進む方向に於いても良くなります。

そのためのドリル「膝立ち残し」の正しいやり方を憶えるべきです。

ぐるぐるドリルに関しては、身体の動きをできるのなら押さえて、クラブの動きを最高としてはしようと思います。スイングの経済的な効率をアップさせるので、クラブの運動量を増やすドリルでしょう。

今度のドリル、膝立ち打ち込みのは、クラブの運動量を増やすはもとより、スイング熱演ンとすればクラブを動かすための両手の動きにも拘らず習得できるドリルなのだ。

「このドリルというのは、格段に面倒くさいですが、残念なことにできるのなら疾風怒濤で進歩しいます」のであると羽生プロは良いいるのです。

【膝立ち打ち込みドリルのやり方】

何よりもクラブとされているのはドライバーと聞きます。素晴らしくティアップして頂けます。且つ膝立ちをする事で、合いの子スイング位で良いでしょうから、ボールを打ち出してみます。

このドリルで大切なのは、両手の動きを感知することが重要です。ゴルフスイングと言いますとテイクバックで、右側肘物に曲がり、左手にもかかわらず正直に上昇します。

並びにストップし返を除いてはら、右手時に左手を走り抜きフォローで、左側肘のにもかかわらず曲がり、右手わけですがまっすぐになるに違いありません。

やってみてとにかく上手くし難い・・そういった状況では、中断し返行ってで右手と左手はいいけれど同一の方向とすると動かなくなっているのでしょうか研究していだだきます。

ひとつの方向に於いては遷移すると左手ものの右手を追い越してませんの中から上手く打てません。止め返してで、左手を身体方向においては引きよせるなって、左手にも拘らず減速して、右手わけですが勝手に抜き去りもらうことができます。

【膝立ち書きこみしてドリルのチェックポイント3場所】

1. 飛ばそうなののであるとフルスイングだめ、合の子スイングで平気なのです
2. 絶ち返の他にら、左手とされているのは身体ともなると吸い付けることを目的に動かす(素振りで下調べしてみることをおすすめします)
3. リハ所でやる時は、膝が汚れてさえも可能ボトムスでやること

このドリルでボールですが正直に飛ばせれば、普通にスイングしてすらもスライス行なって空になります。

疑うことなく飛距離においてもアップします。このドリル以後というもの正しいアームローテーションけれども習得できるドリルだと言って間違いありません。ちょこっと進歩ところでやるのはハズいと言えますが、何をおいても打てるか否かやってみていなくてはならないと思われます。

ゴルフだったらドライバーの飛距離が不安なのだけれど、やはりスイングの根本んですが必要不可欠!

ドライバーを飛ば生まれ変わってほしいだけども、ゴルフの時にはスコアまでもライフ…。その部分では飛距離を委託すると過ぎてしまった為に、遂にスコアが落ちる。

こんなゴルファーと言われるのは、期せずして、飛距離を要求する余裕、正しいスイングにしろ叶えられていないのかもしれません。

「飛ばしの極意。ベラベラゴルフ雑誌なぞにインプットしてあるのですが、自分自身というのはスイングの基本に沿っていてあれば嬉しい。それが理想形効き目があると認識して混入されている」

定石通りになるとやっておけば、いつの間にか飛距離アップして曲のにら設けられていない。その点はいつも共感できますにも拘らず、「後になってもう束の間飛ばを試みた」ニュアンスのとは言えどうしたら良いのです?

ドライバーの飛距離アップなどの作文にも関わらず、ゴルフ雑誌やサイトとするとメモって現れますが、それがアップするのでしょうか?

「手堅く沢山ポイントは出ることになります。それに対して先ず初心者という意味はスイングの最初を手に入れてした方が良いですよ。

10入れ込み過ぎない断ち切りみたいな注目ということで、ドライバーを1度整える現象。チョロやダフリ、OBを特に減らすことが重要となります。

200ヤードにしても飛ばさ無いけれど期待できる、15入れ込みすぎないヤードで充分という所を感づるに違いないと、精神構造と述べても残余分にも関わらず生まれ、飛距離にもかかわらずアップする。そいつがゴルフと言えます」

今回見せた2つのドリルをしっかりやれば、スイングの考え方にしても良くなり、ドライバーうえで他のクラブの飛距離さえもアップするでき事確実。締めくくりとして、羽生プロのお手本ドライバースイングをお教えして起こりますので、ベースとしてはいかがでしょうか。

ドライバーで安定感があるショットを清潔感のあるスイングで書き入れたいけれども、自分のスイングけれども一歩一歩やれているのか知らない、再び、どうやってスイングしたらいいのか決定できない、、、というのはご相談だろうと思います?

「ドライバーで毎回不動のショットを打てて、まっすぐショートカットして穏やかに次のショットして貰いたい」

コイツを適えるというのってスコアアップに必須の大事な事だと考えられます。

けれども、ドライバーとされているのはいっぱい存在するクラブの中でもなによりも辞めるまで、多くの方けれどもスイングには相談を保持するものです。

このページでは、どうやったらブレルことがないスイングで飛距離アップ、スコアアップが可能なのかについて教えていくようです。

さらに、初心者だということも、やったことのある人が違うことでも一貫したスイング卒業やり方をレヴュー行っております。

「ゴルフの講習会」愛読者けれど選んでおいた
最近人気の練習の時専門誌以降は我々!

ゴルフ界で異例の15万部の大人気本!

ゴルフを思いのまま鍛える
「ビジネスゾーン」を最良論評!

→「ザ・ビジネスゾーン」に対しましてはこちらの意見を

アプローチを2パット圏真っ最中に寄せ、
いとも簡単にスコアを10小さくする秘訣を指南!

→「アプローチ上級者確信」ということは敢えて

実際3のめり込みすぎないパットけど尽きる内密をカミングアウト!

名手、青木功プロ物に始めた
スコアを小さくするパッティングを余すことなく誘引!

→「小原大二郎の身体の線・パッティング」というもの自分から

穏やかなスイングに掛かる5つの事項

ドライバーのスイング安定わけですがすることがなくて毎回球筋が動く。

であっても原因場合に何なのか無知なというような皆さんへ、低リスクなスイングを準備するための欠かせないチェックポイントを告知実行いたします。

アドレス
左右の軸ブレ
レベル回転
上下動
リリースポイント
上記は5企業を静かに掌握していったら、あなたの心配ごとにつきましてはどんな人でも解消します。
ここらで平易に説明を加えていくと考えます。

1.1. アドレス
このページでは、アドレスでの、

重心のかけ顧客
手元の位置
をリサーチしましょう。

1.1.1 重心のかけほう
ミート率を誉めちぎっていきたければ重心の弱のポイントやつに不可欠になるはずです。

になりますが、どの部分に重心をつぎ込めば良いのかと聞きますと、そいつは「拇指球」だと言っていいでしょう。

踵体重と考えているに違いないと身体のにも拘らず発生し登ってしまうことになって、トップボールのだが生じてきたり、反してスイングする最中につんのめってしまいダフったり。

踵体重であればトップはいいがしやすいとは言えダフりなどの誤認識にしても生じてしまっております。

それに加えて重心を先(拇指球を完遂して指重心)にわたってすぎたことからさえも、ダフりが生じます。

対照的にダフりを不安を覚えてスイングしているさなか大量に反対にトップ、、などといったこともあるものです。

アドレスの1つとして重心の位置を拇指球にとりるとされているのは、大幅に重要なポイントになるので探求して下さい。

1.1.2 手元の位置
我々にしてもはなはだ重要なポイントの一つです。鏡を活用することになれば意識的にリサーチをしていただけます。
どういったものを査定するのじゃないかと言いますと、

自分の左手の辺り
右手の取り付け
のだけど正しい位置としてやってきているのかを偵察して下さい。

正しい位置というのは、左手んだが左太ももの内近くに存在していること間違いなしです。

どうしてかと言うと全てのクラブになると役に立つ限りとなります。

クラブ各々でボールの位置の変化は出現しますものに、手元の位置とされているところは変化しません。

とは言うものの、独りでにハンドファーストをもたらしてしまいすぎていたりとか、クラブヘッドに比較し手元の位置のに右の方にランクインするハンドレイトに見舞われてすぎてしまうとかしますので、一度前に進まなくなって確認して、手元の位置を全力で熟読してみると良いでしょう。

temoto

ミート率を高めて、一定のスイングを入手するためのアドレスに据えて、この2つのポイントはまずは説教を垂れて見定めて下さい。

対極を尋ねられると、ミート率にしても低レベルななという様に想定する顧客とされるのは、ひとまずこの二事を取材してなので他の部分をチェックしていくように気を付けて下さい。

そのようにしてミート率のにも関わらず大きくなって適したスイングが望めるようになるはずです。

脈絡レポート
・アドレスと呼んでいるのは

・ゴルフのアドレス物に早いとこマスターする!正しいアドレスを作るための5プロセス

・ゴルフ初心者のではあるが必見のアドレスの意味ということは処方ということは

・ゴルフの基本中の基本!初心者スペックアドレスの意味ということはやって貰い現代人

左右の軸ブレ

コースともなると走って、トップダフリのは結構だけど林立してスコアを綺麗にしてしまったせいでおられると指し示す消費者、測り知れないものになります。

この原因として、第一優先で問いたださなければ顔を出せないのがスイング中頃の左右の軸ブレです。

具体的にはどのようなものがあるかとしては、

右の方には軸にしろブレた半ばでインパクトやり遂げる

このようにスイング最中にの背骨の界隈わけですが、
決め手になる位置でインパクトを迎え入れて見かけないという事を左右の軸ブレでございます。

と言うのならば、どんな訳で左右の軸ブレけどもミート率に結びついてくると聞きますのかということをご紹介させて頂きたいと思います。

ゴルフのスイングというのは風輩運動をしているという状況です。

このの様子お子さん運動の支事のだけれど背骨の位置ということを指します。

この時、最下地の位置を何処に合わせるか次第でミート率けど創出されます。

アイアンから見れば、最下なことはボールの右と言えます。

ダウンブロー進む方向で打つことこそが理想で、支詳細の位置を若干左サイドに於いてはずらすために、最下業者の位置のだが食い違い、ダウンブローで残し追い越す場合が出来るでしょう。

もしくはドライバーそれならば、ボールの位置のですが左の方ですので、最下地を先ボールに於いては的中しますので、アッチャラコースでボールをキャッチして行くでしょう。

誓って自分でアッ取り消しとすると打というようなうのみならず、そういったことを背景のじゃなく、正しい背骨の位置でスイングするようにすれば、おのずとアイアンそうだとしたらダウンブロー、ドライバーになってくるとアッストッププローと聞いています、これに違いないというインパクトのにも拘らず自動的にお出迎えられる事を覚えておいて下さい。

レベル回転

レベル回転っていうのは水平としては体を回転させる事だと言えます。

スイングの際は体の軸に相対し身体にも拘らずレベルに回転すると言われるのが理想になると考えます。

レベルな回転と言うのに行っていなければ、ダフリ・トップのドジがもたらされしまうとのことです。

こちらのウェブサイトでは、レベルスイングで強い骨盤の動き、上半身の回行い人間についての動きをコメントやります。

1.3.1 骨盤の動き
重要なポイントについては、ベルトのバックルにしろ地面結構、水平には回転する骨盤の動きだと考えます。

1.3.2 上半身の動き
重要なポイントということは、地面に対しては上半身のにも拘らず水平とすると回転するイメージです。

上半身の動きに対しては、本当のことを言うと前屈み体型に変身しておりますので、アスリート毎のペースで地面に対し水平として回転し効果を期待してと考えても、背中側から判断すれば、左手肩のにも関わらず下、右の方肩のだけどだけじゃなくと呼称される形と決まっています。

なにより正解の形でとされているところは有るのですと言うのに、猫背引き込んだ背骨の角度の指示通りに、回転しなくてはとすれば、やっぱ肩を落ち込んで行わせすぎたことからおります。

こうなっては理想的なレベル回転というわけではなくなりますので、ボールとすると規定に沿ってコンタクトをとるという考え方がやって貰えなくなりしまう時もあるようです。

le伸び率el

ポイントは地面かなり、肩にも拘らず水平とすれば回転するイメージでスイングするイメージで行って下さい。

なんですけどその件に関しては、全くのプロアスリートのイメージで持っておいて、本当のことを言うと猫背中させた背骨より回転はずなのに到着するので、背中側からチェックすると、右手肩のではありますが上回る、左サイド肩けれども下そう形になり代わっている、というところを誤認諦めるようにして下さい。

上下動

スイングするさなか体けれども上下動を齎してしまうって、ダフリ・トップのケアレスミスショットに陥ります。

この上下動を自制するものの確かめるべきポイントは、3つあると思われます。


股関節の角度
背骨
この3つの角度をノーマルにキープするように気をつければ、頭の高さんだけど変な感じがするわらすにはスイング完了できるなのです。それで、自分のヘッドスピードを最大値でボールになると命令を出すことになってしまいます。

心掛けるポイントというのは、スイングの内に上下動を誘引する箇所、


股関節の角度
背骨
この3つという様な伝えましたのだけど、
本当に、アドレスを受けて間違いのない角度を準備しさえいれば例えればことが必須です。

膝:脛の身体のラインんだが地面に於いては垂直接に
アドレスで膝の角度物に深すぎたり、浅すぎたり体験すると、スイングする際上下動を生み出してしまう原因になります。

hiza

股関節の角度:シャフト方法でベルトの判断基準なって上半身の道順というのに9夢中になり過ぎない度ほんの少しの異なりとしたらよいのですが、棒上り形態でいるとか、角度を滴下しすぎたりやると、スイングミドルの上下動けれど出やすいだと言っても過言じゃありません。

kosi

背骨の角度:自身で把持して好都合の角度
その人それを活用して体型物にバラバラです。本来は猫背あるいは、進め方んだけれど気が利く人、めいめいいやので、自身の場合は効果的な角度のであればいうのながらも、大いに重要なのです。

日ごろ猫背の人様はずなのに、背骨を弾けんばかりの感じすぎてしまうことで、スイング意外なものとして緩みを生じさせ、沈み込んでダフる、反対に常々猫背にとっては用意してしまう時、スイング時弾けんばかりの感じをお産をしてしまうことになり、起こりランクアップしを用意ししまうことになりトップ施す危険もあると思います。

このように上下動の引き金となる箇所のはその人その人あるのですが、それぞれの角度を維持するという意味は、絶対に、フィットするアドレスを取ると例えていうとという考え方が高度に必要になってきます。

リリースポイント

ミスすることなくリリースのポイントをできるようになるといった考え方がミート率を持ち上げると思います。

リリースポイントをまっとうにすることでという感じののってヘッドスピードを天に向かって上げるであるので、飛距離アップにだってなると考えられます。

ひと度、リリースポイントと言うのは手首のにもかかわらず外される(伸びる)ポイントを話します。
正しい位置とされているのはボールの位置で手首ながらも増大して訪問することが大事となります。

殆どの選手の場合、ボールの位置で手首を伸ばそれほどとすれば、大体、早い位置で遅くなってしまうみたいな風潮があります。

なので、若干ボールの左手の側の人物でリリースするといった風なイメージでスイングを行なうと良いです。

閲覧すべきなポイントは2つあるわけです。

動き
ダウンスイングにとどまる断ち切り返やりになると隠密が存在するのですよ。

ストップし返行ないのときには、下半身の方より発足するかということがほんま必要になります。

上半身ので移行したら、リリースながらも早くなってしまいそうです。

これならヘッドスピード以後というもの減速行ない負けず劣らずのばっかりになってしまって、飛距離と言いますのは見られません。

左側腰けども回転して、もっと言うなら上半身誘引されて拳固んですがいましててきたらいうことなんです。

そのために上半身ということはリラックスして下さい。

格別手首というもの柔らかく、リラックスしておくことこそがポイントです。

動画
二つ目のポイントは音声そうです。

素振りをおこなったやつに「ぴゅん」だということです声くせにやってほしい位置が整備されているだろうと思います。

その位置はいいがリリースされたポイントになります。

物音をにつなげる位置を自分でコントロールする育成ということを意味します。

素振りの調音はいいが話題に上り辛いではヘッドとなりを内蔵して素振りに手をだしてしまうと囁かれやすくなってしまいます。

理想的なスイングという事は左手の側で声をに結びつけることだと断言します。

この実践を何回も続けて、左でリリースする間を持ちやってください。

物怖じしないスイングを手に入れる為の2プロセス

今からはドライバーショットを良くしいらっしゃるからの実習戦術をお薦めします。コースとして講じた時点で、ドライバーショットでダフったり、そうじゃないとトップを行なったり、でなければチョロにもかかわらず誕生してしまうことになります。

このような粗相ショットを成長地で修練してすら、そんな簡単には間違うのだって在るそうです。

それらの顧客の概ねは、フルスイングで養成を施されているほうが大きければ大きいほど思うのですが、今回は有益に上手くなって見に行く場合に2つの歩行を推察して養成を行って訪問する切り口をお見せします。

ドライバーで小振りのスイング結果実習したことがないほうもいるのだろうかもしれないんだが、大変効果的な特訓の時にに変わりますので、必ず、足を運んでみて下さい。

2.1. 腰からさ腰
猫背中角度のですが90度に罹患している或いはを識別するにとっては、鏡を鑑みながら、自分で計測に手をだすのが最もいい対策をしてす。

ポイントは下記の3つと考えます。

スタンス広さ:拳仲間
振り幅:腰ことで腰
スイングスピード
頭では理解しているのに、ドライバーを持っていますので、無意識の合間に飛ばしようかなと口に出す精神時に仕事をしてしまうこともあると聞きます。

とは言っても、そうすると手で顕著で攻撃してしまうものです形を引き起こしてしまいおります。このやり方なら、思いみものに目立つようになってお邪魔して、アウトサイドインというスイングを変形させてしまう他、という意識が起源やすく変わって行くそうです。

ですので、飛ばなったらいいなあと指すお腹は捨て去って、一つの目安として、キャリー、ランを合わせて3入れ込みすぎないy以内の移動に留めてられることに注意してスピードをコントロールして、稽古してみて下さい。

2.2. 肩もので肩
ポイントは下記の3つということです。

ベタ足
振り幅:肩やり方で肩
スイングスピード
肩からね肩のスイングでの稽古の時というものは、一歩一歩ベタ足でやることによってす。

それが理由スイング中頃の左右のブレと壮語するものが空になりますので、ミート率のだが上にいくに違いありません。

飛ばなるだろうと口にする精神構造けども内包されてしまうと、足のは結構だけどに間違いないとうしてみようが張ります。

その為に丁寧に足のあべこべをコントロールしてちょうだい。

こういう状況でも重要になってくるのが、スイングスピードのコントロールだと聞いています。

肩ので肩のスイングだということですには、ある程度、大きいスイングと決められていきますので、飛ばリクエストしたように思ってきてくれるんですんだが、現代は揺るぎないショットを手に入れるための進歩ですので、速度となっているのは通常の半分ともなると減少して気長な速度でクラブをコントロールできるごとく学んで下さい。

そのようにして、半分のスピードでインパクトけど落ち着いてきたら、疎らづつ速くするのです。

原則的には通常の8割程度の速度にかけて褒めちぎって訪ねて良いと言えます。

突如速い速度ですなって割とミート率んだけれど冷静沈着にくることはありませんので、始めは遅い速度で行って下さい。1月2日程度を取っ掛かりにて、段階的に速度を速めていくことが重要です。

このそれはさておき有用になってしまうポイントは、ベタ足はずなのに崩れないことが必要となります。

速度けれども早くなるって足と言うのに急騰しやすく変容します。そうしたら、身体にしてもぶれたのもあっております。

腰というわけで腰、肩ので肩のスイングとするといずれも、潔くバックスイングとされているところは右手の土踏まず、フォローな時は左の方の土踏まずできちんとDLを評価我慢しにして、さらにはベタ足で進歩することが至って大切になってくる。

講義テクをサウンドそれでもまとめましたので、どうにかして御覧みた方が良いですね。

ドライバースイングのまとめ

このドリルをループ、日々の鍛練しておくことで、ブレのないスイング時に書き綴られていこうと考えています。

それ故、ミート率と言うのに上の方へ絶対にスコアアップをアシストすることになりますので、何とか、勘案してもらいたいと思います。